江戸川区と金魚【金魚の歴史】

1. 金魚の来た道

 金魚の故郷は中国です。いくつかの古い文献によれば、3世紀初めの晋の時代に中国南部地方で金魚の原種と思われる魚が見られたとされています。10世紀の北宋時代には、宮廷で観賞されるようになり、熱心に金魚飼育をする皇帝も現れ、南宋時代には金魚飼育や販売を生業とする者もいたようです。そして、世界初の金魚の飼育書「 砂魚譜」が、1596年に発行されました。

2. 日本への伝来

 日本への伝来時期は、はっきりとしていないのですが、1748年に刊行された日本初の金魚の飼育手引書「金魚養玩草」(安達喜之著)によれば、1502年現在の大阪堺市に入ってきたとされています。当時の日本は室町時代末期の戦乱の世、心を癒す金魚の存在が求められたのだと思われますが、広く一般に普及するまでには至りませんでした。
 江戸時代に入り世の中が落ち着きを取り戻すと、一部の大名や豪商などの特権階級の間で金魚飼育が行われるようになりました。江戸中期以降、金魚養殖も盛んになるとともに金魚の価格も下がり、庶民でも少し背伸びをすれば金魚を手に入れることができるようになりました。また、オランダ商人を通じてガラスの製造技術が伝えられ、ガラスの金魚鉢も作られていたようで、浮世絵や錦絵などにガラス玉の中に泳ぐ金魚の姿が見られます。

3. 江戸川区と金魚

 江戸時代、江戸での金魚養殖は不忍池付近が発祥の地と言われており、入谷や根津あたりでも行われていたようです。明治に入って本所や深川あたりに移り、その後亀戸や大島、砂町あたりに移動してきました。
 明治30年、東京金魚商組合が60の生産者及び卸業者によって設立されました。その頃、平井に6軒、小松川に1軒の金魚生産者が移転してきたのが、江戸川区における金魚養殖の始まりのようです。明治22年の統計には、葛西・小松川・篠崎・小岩・平井などが金魚養殖生産地に見られますが、区内での金魚養殖が盛んになったのは、大正12年の関東大震災以降のことです。
 震災後、金魚の需要の増大とともに、小売業者が市街地に次々と誕生しました。それに伴い、卸売業者が求められるようになり、養殖業者の中には卸売業者に転換した者もいました。また兼業農家で養殖業を営んでいた業者の中には、繁忙期が農繁期と重なることから養殖専業になる者が多数いたようです。
 砂町あたりは、今のように工場が林立する前は池沼が多く、金魚だけでなく鯉や鰻の養殖が盛んに行われていました。次第に大工場が建設されるようになり、池沼は埋め立てられ、良水の確保も困難となり、養殖業者は江戸川区方面に移ってきました。大正末〜昭和初め頃が、江戸川区に金魚養殖家が一番集中した時と言えます。
 第二次大戦中には、金魚養殖家は食糧難に伴い食用鯉の種苗生産や、養殖池の耕地などへの転用などを強いられ、金魚養殖はわずかに絶滅を防ぐ程度のものとなり、金魚愛玩者においては受難時代と言えますが、この間に絶滅を防いだ業者の方々の努力を忘れてはなりません。
 終戦後、江戸川区の金魚養殖は復活し、全国でも有数の金魚産地となりました。しかし、昭和30年代後半からの都市化の波に押され、地価の高騰による固定資産税の上昇や、開発による水質の悪化などによって、養殖業者は転業や別の郊外に養殖池を移転するなどせざるを得なくなり、池面積・業者数共に減少し始め、現在では2軒を残すのみとなっています。